PHOTO



Score

楽譜類を公開しております。※ただいま「mp3」ファイルのみ準備中です。もう暫くお待ち下さい。
昇順で最新のものですが、遥か昔のものもありますのでゴチュウイ。
※「弾いてアップロード」の類の公開許諾などについてはこちらをご覧下さい。

----東方プロジェクト[ProjectShrineMaiden]----

東方風神録より「明日ハレの日、ケの昨日」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
東方風神録より「明日ハレの日、ケの昨日」です。
曲想はスタッカート気味に心地よく。落ち着いた印象を与える曲ですが、
その実お祭の楽しさを表現した曲ですので、楽しむ成分も必要です。
曲は後半になるとどんどん騒がしくなっていきます。リズムの捉え間違いにご注意を。
休符を意識してメリハリをつけた演奏になるといい感じです。

東方花映塚より「風神少女」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
東方花映塚より、射命丸文のテーマ「風神少女」です。
テンポは150を指していますが、あくまでも一つの目安です。
速くすることも出来ますがこれよりやや遅く弾いても問題は無いでしょう。
また例えば、サビの動きは厳しい人には二回目のサビの動きで代用するなど、自分流「風神少女」として弾きこなしてもいいかと。
曲が曲ですので、細かい演奏指示は出せません。
唯一演奏指示を出すとするならば、冒頭に書かれた「Energico」の通りに力強く弾ききってください。

東方花映塚より「お宇佐さまの白い幡」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
東方花映塚より、因幡てゐのテーマ「お宇佐さまの白い幡」です。
何よりも先ずリズムの刻み方に慣れるところから。曲を通して似たような刻み方が続くので、ある意味必須とも言えます。
テンポはややゆっくり目に設定していると共に、要所要所で小刻みに変わります。
それぞれが一つの節目と思って弾いてやって下さい。
前半から中盤に掛けては小気味よく、しかし焦らずに。
中盤の三連符は左手にメロディが行くので、tenuto指示の通りに一音一音大事に。
終盤の盛り上がりは魅せ場ですが、テンポも加速するので左手と右手のタイミングを外さないように注意してください。

秋霜玉より「魔女達の舞踏会」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
秋霜玉より、エキストラボスのテーマ「魔女達の舞踏会」です。
曲を通してテンポがあまり変化しない構成になってます。その分単調にならないように注意を。
かなり原曲に素直な感じに編曲しています。左手は基本的に忙しい動きを要求されないので右手を要練習。
音量の変化が解りにくい箇所があるので(特にサビ二回目の繰り返し部分など)
その都度脳内でうまく雰囲気付けをするといい感じに。
最後もrit等はかけずに思い切り弾ききってやって下さい。

東方永夜抄より「蠢々秋月〜Mooned Insect」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
東方永夜抄より、一面ボスのテーマ「蠢々秋月〜Mooned Insect」です。
手が結構飛び飛びだったり、転調後が色々と大変ですが、頑張って勢いに乗せて弾いていくと原曲のような感じになるかと。
個人的にはイントロとか最後の部分は儚げに弾いてみるといいかもしれません。
pdf譜提供:橘とうかさん

東方永夜抄より「千年幻想郷〜History of the moon」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
東方永夜抄より、六面Aルートボスのテーマ「千年幻想郷〜History of the moon」です。
曲の展開が忙しい感じになっております。所々その場その場を意識して弾くといいと思います。
特に同じ旋律を4度繰り返す最初からの部分では、その都度左手の動きや音の高さを変えています。
雰囲気がなるべく同じにならない様気をつけて弾いてみて下さい。
サビに入ってからも同様、同じ旋律を4度繰り返します。最初二回は思いっきり重厚に。
後の二回は思いっきりLunaticに弾いてみて下さい。
全体的に曲がもっさりとしないよう、原曲のスピード感を表現して弾いてみてやってください。

----ひぐらしのなく頃に[WhenTheyCry]----

「you」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
ひぐらしのなく頃により「you」です。
原曲はピアノソロに近い構成ですので、出来るだけ原曲に似せて作ってあります。
左手の動きは曲を通して変わりません。やや虚ろに弾くと原曲のイメージに似せられるでしょうか。
左手が動かない分、曲の表現は右手がどう動くかにかかる割合が重くなります。細心の注意を。
強弱も重要です。テンポは揺らさず強弱で変化をつけるとよいかと。

「Thanks」 DL:sdf DL:pdf DL:midi DL:mp3
ひぐらしのなく頃により「Thanks」です。
イントロから最初のサビまでを楽譜化してあります。
所々にあるアルペッジョは和音を抑える指を原曲のようにばらす感じでよいかと。
「you」と同じ展開のメロディを持ちますが、こちらはむしろ淡々と弾くよりは少し演出を加えて弾いてもよいかもしれません。
サビのメロディは思いっきり楽しんで。